TOP

まるごと風俗が分かっちゃう体験談、ここに集結!詳細まで読んでキミも風俗マスターをめざせ!

潮噴きができるお店

アダルトビデオに出てくる女性の潮噴き。当たり前かもしれませんが、この潮噴きを体験できる事はあまりないと思います。潮噴きはアダルトビデオの世界だけ……。それは言いすぎにしてもプライベートの恋人や奥さんとのエッチでは潮噴きを経験した人はあまりいないでしょう。体質的なものがあるからです。しかし、最近わたしが見つけたお店は潮噴きをメインに扱っているお店。男性のテクニックに関係なく、女性のアソコを手で刺激すると簡単に潮噴きができる珍しいデリヘルなのです。さっそくお店を利用することにしました。ホテルに来てくれた女の子は、かなり可愛らしい女の子です。こんな可愛い女の子がベッドで潮を噴く……。イメージしただけで興奮ものです。シャワーを浴びた後はいよいよ待ったベッドプレイです。かなり感度のいい女の子で触るたびに気持ちのいい声を出してくれます。そして、アソコを刺激すると大声を出しながら、潮を噴いてくれました。アダルトビデオの再現ができる潮噴きは大興奮ですね。


高級デリヘルが与える風俗業界の格差

現代ではあまり聞かなくなってきたかもしれませんが、少し前は格差社会という言葉が流行り始め、我々人間社会の格差を表現する言葉として社会的に広まっていきました。格差社会とはその人の収入や財産によって階級差が生まれてしまうことです。社会ではどれだけその人間が財産を生産出来るかが重要で、多く生み出せる方程階級が上に見られてしまうのです。現代の社会ではその階層の遷移が難しいと言われており、格差の溝は深く貧富の差が大きいことを懸念された言葉でもあるのです。差別とまでは言いませんが区別をするのが現代社会の常で階級や権力や名誉等はその社会の上で成り立っています。ようはその人間がどんな事が出来るのかが非常に重要になってくるのです。風俗業界でも同じでその中にも社会があります。風俗社会とでも言うのかどうかはさておき、風俗業界でも格差はあります。その格差を区別しているのが利用料金になります。一般的には相場として1回の利用で約15,000円だと言われています。それがボーダーラインになりその値段は中間層、一般的なデリヘル店になります。それ以上の値段のお店は高給デリヘル店、それ以下のお店は激安・格安デリヘル店という分け方になります。激安・格安デリヘル店は大衆店と呼ばれており、ここでの意味は貧困層でも利用ができるお手軽デリヘル店とでも言えるのでしょうか。先にも述べたように格差社会の日本では貧困層が全体の4割強だと言われています。生活していくので手一杯な方でも少しの金額で楽しめるというお財布に優しいデリヘル店なのですが、そういった点を見ると「貧困層が利用する風俗店」という見方になってしまいます。もっと言えば、程度の低いデリヘル店なんだなと思われてしまうのです。ここで格差が生まれるのです。程度の低い人が利用するデリヘル店と思われてしまえば、そこで働く女性も程度が低い、という風に見られてしまうのは仕方がないことです。こういった見方をされるので、高給デリヘル店に所属する女性からは嘲笑われてしまいます。これは風俗業界のみならず、どこの社会でも同じ事象があります。では笑われないためにはどうしたら良いのかというと、自身も高級デリヘルで働ければ良いのです。しかし厳しい事を言うようですが、誰でも高級デリヘルで働けるわけではないのです。厳選された中で採用を決定する高級デリヘルでは採用基準が高く、生半可な努力では到底入店することは出来ないでしょう。容姿やスタイルが非常に重要で、言ってしまえば成れない人は成れないのでこの時点で既に大きな格差は生じているのです。


変なところで遭遇

私の趣味といえば、休みの日にパチンコで遊ぶぐらいです。特にこれといって他にやることもないので、いつも週末はパチンコです。いつも通っていると、だいたいいつも来ているお客さんは同じだということが分かり、その中に同じぐらいの年齢で綺麗な女性もいました。声をかけたことはありませんが、以前たまたま隣同士になり、ちょっと話す機会がありました。それからは会うたびにちょっとずつ話すようになり、仲良くなっていったのです。だいたい彼女は6時ぐらいにいつも帰るのですが、仕事はしているのかなと聞いてみると、普通に高級デリヘルで働いていると答えたのです。隠さずに普通に言われて驚きましたが、さらにお店の名前なども教えてくれ、良かった利用してと言われたのです。ちょっとタイプの女性でもあったので、すぐに利用してみました。すると、彼女も指名してくれてありがとうと言ってきて、プレイを楽しむようになったのです。なんとも驚きの展開でしたが、今は普通に高級デリヘル嬢として定期的に会っています。