TOP

まるごと風俗が分かっちゃう体験談、ここに集結!詳細まで読んでキミも風俗マスターをめざせ!

池袋のイメクラは質が高い

イメクラといえばイメージプレイが出来るヘルスというイメージが強いですが、世間一般の風俗利用者からすると制服を着ている女性が相手をしてくれる程度のレベルの低いファッションヘルスという印象が強いのではないでしょうか。もちろん全国にあるイメクラの多くはそのようなイメージ通りのサービスを提供してくれていることでしょう。そんな雰囲気任せでちょこっと抜いてくれる程度のサービスならばデリヘルを利用した方が何倍もマシと考えている人も多いかもしれません。しかし、中にはかなり充実したサービスを提供してくれるてんぽも存在しているのです。イメクラの場合一般的なファッションヘルス同様に店舗内で短時間の性的サービスだけという印象をもたれがちだが、昔ながらの風俗店の場合はホテヘルである場合も多いです。つまり、ホテヘル店も兼業しているイメクラ店の場合は、征服オプションが加わったお得なデリヘルのようにラブホテルなどでサービスを受けることが出来るのです。更には、店舗内ではなく、ホテルでのプレイとなる為、実際にそこでどのようなサービスがあるかは見てのお楽しみといった感じで、デリヘル以上に楽しめてしまうケースが多いです。ここはイメクラ特有のオプションありきなサービスが様々な展開を生んでくれると期待して間違いはないでしょう。本来の風俗という期待を裏切らないものを提供してもらえます。こういったイメクラ店舗は、東京・池袋には非常に多く、同じような営業形態を取っているお店が多いです。地域的な理由から利用者層も非常に多いため、女性も新規入店希望者が非常に多く来店の度に女性が増えているということも珍しくありません。どこのお店も常に40人以上の女性キャストが在籍しているので選びたい放題ですし、希望の女性を見つけることも可能でしょう。ホテヘル形態をとっている店舗はそれだけでも有利な部分も多いため、いつまでも利用できる安定感もるため、信頼してお店を利用し続けることができるのではないでしょうか。


高級デリヘルが与える風俗業界の格差

現代ではあまり聞かなくなってきたかもしれませんが、少し前は格差社会という言葉が流行り始め、我々人間社会の格差を表現する言葉として社会的に広まっていきました。格差社会とはその人の収入や財産によって階級差が生まれてしまうことです。社会ではどれだけその人間が財産を生産出来るかが重要で、多く生み出せる方程階級が上に見られてしまうのです。現代の社会ではその階層の遷移が難しいと言われており、格差の溝は深く貧富の差が大きいことを懸念された言葉でもあるのです。差別とまでは言いませんが区別をするのが現代社会の常で階級や権力や名誉等はその社会の上で成り立っています。ようはその人間がどんな事が出来るのかが非常に重要になってくるのです。風俗業界でも同じでその中にも社会があります。風俗社会とでも言うのかどうかはさておき、風俗業界でも格差はあります。その格差を区別しているのが利用料金になります。一般的には相場として1回の利用で約15,000円だと言われています。それがボーダーラインになりその値段は中間層、一般的なデリヘル店になります。それ以上の値段のお店は高給デリヘル店、それ以下のお店は激安・格安デリヘル店という分け方になります。激安・格安デリヘル店は大衆店と呼ばれており、ここでの意味は貧困層でも利用ができるお手軽デリヘル店とでも言えるのでしょうか。先にも述べたように格差社会の日本では貧困層が全体の4割強だと言われています。生活していくので手一杯な方でも少しの金額で楽しめるというお財布に優しいデリヘル店なのですが、そういった点を見ると「貧困層が利用する風俗店」という見方になってしまいます。もっと言えば、程度の低いデリヘル店なんだなと思われてしまうのです。ここで格差が生まれるのです。程度の低い人が利用するデリヘル店と思われてしまえば、そこで働く女性も程度が低い、という風に見られてしまうのは仕方がないことです。こういった見方をされるので、高給デリヘル店に所属する女性からは嘲笑われてしまいます。これは風俗業界のみならず、どこの社会でも同じ事象があります。では笑われないためにはどうしたら良いのかというと、自身も高級デリヘルで働ければ良いのです。しかし厳しい事を言うようですが、誰でも高級デリヘルで働けるわけではないのです。厳選された中で採用を決定する高級デリヘルでは採用基準が高く、生半可な努力では到底入店することは出来ないでしょう。容姿やスタイルが非常に重要で、言ってしまえば成れない人は成れないのでこの時点で既に大きな格差は生じているのです。


変なところで遭遇

私の趣味といえば、休みの日にパチンコで遊ぶぐらいです。特にこれといって他にやることもないので、いつも週末はパチンコです。いつも通っていると、だいたいいつも来ているお客さんは同じだということが分かり、その中に同じぐらいの年齢で綺麗な女性もいました。声をかけたことはありませんが、以前たまたま隣同士になり、ちょっと話す機会がありました。それからは会うたびにちょっとずつ話すようになり、仲良くなっていったのです。だいたい彼女は6時ぐらいにいつも帰るのですが、仕事はしているのかなと聞いてみると、普通に高級デリヘルで働いていると答えたのです。隠さずに普通に言われて驚きましたが、さらにお店の名前なども教えてくれ、良かった利用してと言われたのです。ちょっとタイプの女性でもあったので、すぐに利用してみました。すると、彼女も指名してくれてありがとうと言ってきて、プレイを楽しむようになったのです。なんとも驚きの展開でしたが、今は普通に高級デリヘル嬢として定期的に会っています。